ベランダでビール

Home > カブのある風景

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.27 Sun MD

PA260376_editeds-.jpg

郵政のユニフォームが何気に好きだったりする。

2013.09.22 Sun テンカラ祭り2

P9210247s-.jpg

風景の平均化がすすむ日本。
道は移動する為だけの道路になり、
同じ形の家や派手な看板を掲げたチェーン店が立ち並ぶ街並み。

快適さや便利さと引き換えに失くしたものは、
本当のくつろぎや手間を楽しむ余裕なのかもしれません。

やがて消え行くであろうこういった風景を、
僕はこれからも記録していきたい。

・・・・・・・・・・
それはそうと釣りの続報です。

今朝は5時に起床して、
近所の川へ。

どうせ今日も釣れへんやろ・・・と思っていたら、
ヒット!

13-09-22_002.jpg

携帯電話の内蔵カメラで撮ったので、
魚が暴れてうまく撮れませんでしたが、
10センチほどの小さなカワムツが釣れました。
オイカワをターゲットにしているのですが、
似たようなもんなんでいいでしょう。

P9170244s-.jpg

ちなみに小魚目的なので、
毛ばりも極小です。
ハリスは0.4号。
流していてもすぐに見失います。

テンカラで釣った初めての魚。
こんな毛ばりで本当に釣れるんやなぁ、と感動した1日。

2013.09.21 Sat テンカラ祭り

P9210246_editeds-.jpg

本町通では見慣れた風景。
岡持ちを片手に走るカブが見られるのも珍しくない。

しかし10年後にはこの風景もどうなっているかわからない。

コスト削減、グローバリゼーションの名の下に効率化がはかられる昨今、
ローカリズムの大切さや、
ものづくりの意義や誇りのようなものが失われていっているような気がします。

・・・・・・・・・・
それはそうと最近釣りにハマっています。
開高健の「フィッシュオン」や夢枕獏の「鮎師」に影響されたわけではなく、
趣味の末端である陸上競技と密接な関係があるような、ないような、
ここで述べるほどの大それた理由があるわけではありませんが、
とにかくしばらくは夢中になりそうな感じです。

で、カブも釣り仕様にしてしまおうかと思っています。
釣りに出かけるのに快適なカブ・・・。
考えるだけで楽しい。

メインはテンカラ釣りと言って日本で古くからあるシンプルな釣法の川釣り、
たまに海や河口まで出かけてルアーでスズキなんぞ釣る。
冬は風防は必須やな・・・とか。
竿を美しく箱に取り付けたい・・・とか。

しばらく楽しくなりそうだ。

まあ、そのうちカブでの釣りレポートもまとめたいところである。
いまはそんな余裕もないので。

なにせ・・・
まだ一匹も釣れていないのだから・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。