ベランダでビール

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 過去の記事 > 工場ツー

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.21 Sun 工場ツー

土曜日の夕方、
仕事が終わってから四日市まで工場を見に夜ツーしてきた。

メンバーはすーさん、HAMADAさん、ヤマモトさん、自分。
21時に関宿集合で、18時半過ぎに家を出たけど、
紅葉シーズンの京都は混みまくりで、
京都を抜け出すのにかなり時間がかかった。

それでもギリギリ21時に到着。
すでに3人は到着済みでした。

30分ほど談笑して、
正直な話、「ここでミーティングでいいんじゃないの?」と、思ったり思わなかったり・・。

でも関宿から四日市までの約1時間のツーリングは楽しかった。
思ってたよりも寒くなかったし。

R0015093s-.jpg

工場の立ち並ぶ場所に到着。
工場談議に花が咲く・・・事は全くなく、
みんなのカブの試乗会が始まる。

105ccボアアップや、風防+ハンドルカバー+グリップヒーター体験、
ハンターカブの初試乗など、
すごく有意義な試乗をさせてもらった。
それぞれ乗り手の個性が出ていて楽しい!

R0015095s-.jpg

場所を移動して、
川を挟んだ向かい側に工場を眺めることができる公園でカップラーメンタイム。
この時点で深夜0時を超えていたような・・・。

ここでも工場話に花が咲く事はなく、
カブの話ばっかり。
工場萌えツーっていうのは、仲間に会う口実に過ぎないのやね。

深夜2時過ぎまでダラダラマッタリと過ごす。
この日は僕はネットカフェに泊まる予定だったけど、
結局みんなと一緒に帰ることにした。

R0015104s-.jpg

60キロ巡航で気持ちよく走る。
途中前方を走っていたヤマモトさんがフラフラしていたので、
内心「やばいなぁ~」と思ってたけど、
やはり睡魔に襲われていたらしい。

関宿手前ぐらいで、僕もボーっと走っていたら、
後ろを走っていたはずの、HAMADAさんとすーさんがいない。
どうやらHAMADAさんのカブがパンクしたらしい。

早朝4時の暗闇でのパンク修理。
一人だったらキツイ状況やろうなぁ。
当事者のHAMADAさんは大変だったやろうけど、
僕はのん気に談笑ばかりしていたような気がする。すみません・・・。

なんとかパンク修理も終わり、関宿で休憩した後、
少し走ってたらヤマモトさんが睡魔に負けたようで、
途中で仮眠をとることに。正解だと思います。

途中でHAMADAさんとすーさんとも別れて、
後は孤独な帰路へ。
気温は2度。(信楽は1度だったみたい)
霧も濃く、さすがに寒かった。

睡魔も強烈で何度か意識が飛んだので、
コンビニで朝飯食べたり、トイレでちょっと寝たり・・・
そんなこんなで朝8時頃になんとか帰宅。

・・・・・・・・・・
いやぁ、どこに行っても話す内容は同じな僕達カブ乗り。
でも場所が違うっていうのは大事なポイントなんですね。

これからも色んな知らない場所へ行って、
その場所の空気を吸いながら、
地元でも話せる内容の会話を楽しんでいけたらなぁ、なんて思います。
もちろんその土地のネタも織り交ぜつつ。

楽しかった!!

R0015109s-.jpg

結局工場に萌える事はなかった。
大きな工場も魅力はあると思うけど、
小さな町工場に魅力を感じるタイプなようです、自分の場合。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。