ベランダでビール

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > スーパーカブ2号機 > ニューサイドバッグ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.04 Wed ニューサイドバッグ

P9040233s-.jpg

自転車のオールドパーツを物色していたら、
たまたまデッドストックの帆布製サイドバッグを発見した。

日本にサイドバッグなどを装着して走る自転車が広まりだしたのは、
1950年代後半のことらしいからスーパーカブと同年代ということになる。

イギリスのクラブモデルやフランスのランドナーが元になり、
日本で独自に進化していった。

その頃の自転車の美しさは、
今のような軽量化やスペック最優先の機能美ではなく、
Wレバーの形状やラグの造形などにこだわるような、
ある種の様式美のようなところにこだわりを見出していたようです。

そんな旅自転車黎明期のサイドバッグなのかどうかは不明ですが、
使い込むほどに味の出そうな質感と色使いは、
軽くて丈夫で雨にも強いビニール製品のメリットを差し置いてでも、
使う価値があるように思います。

Comments

name
comment
SUS303 : URL

#- 2013.09.13 Fri 09:26

ヨナさん
お久です!
相変わらず良いセンスしてますね~
僕も飛びつきます。このサイドバッグ^^

あーバイク磨かなきゃ。
ヨナさんのバイク見るたび思います~笑

ヨナ : URL

#- 2013.09.21 Sat 22:37

SUS303さん!
すみません、かなり遅くなりました。

古い自転車に取り付けられているサイドバッグはいいデザインのものが多いです。
ランドナーを扱っているような自転車屋さんに行けば運良くデッドストックで売っているバッグと出会えるかもしれません。

今は林道カブのほうしかほとんど乗っていないのですけど、
ビール色のほうは乗るたびに軽くフクピカを吹きかけてウェスで拭いてやってます。
そしたら結構綺麗さを保てますよ!

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。