ベランダでビール

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > カブのある風景 >

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.18 Fri

R0017255s-.jpg

嫁がことあるごとに勤め先にある図書館で本を借りてくるので、
追われるように読んでいる。

その中で「民藝とデザイン」というエッセイのような内容の読み物があり、
興味深く目を通した。

「民藝」という言葉は柳宗悦によって提唱された造語であり、
民衆が日々用いる工藝品のことを指すが、
「不断使いにするもの、誰でも日々用いるもの、毎日の衣食住に直接必要な品々」
「珍らしいものではなく、たくさん作られるもの、誰の目にも触れるもの、安く買えるもの、何処にでもあるもの」
なので、あまりに当たり前に存在する日常の道具達に、
美しさを見出そうではないか、
と、簡単に言えばこんな感じである。

有名な作家や映画監督、ブランド物、大手企業といった、
名前で判断しがちな世の人々の価値観に対するアンチテーゼとして生み出されたことばであるようだ。

それはそれとして、
この記事を読みながら、
やはり僕はカブとダブらせてしまうオタクである。

なんせ「カブも一種の民藝のような存在やな」なんて考えを、
頭の中で思い巡らせてしまうのだから、
もう病気かもしれない。

僕はカブに乗る前からカブのある風景を写真に収めるのが好きで、
アルバムまで作製していたけど、
カブのある風景を撮る理由として挙げられる一番の理由は、
日本の風土に溶け込むデザインであったこと。

そんな価値観なのだから、
この記事を読んで「カブも民芸品だ!」と心の中で豪語するぐらいは当たり前かもしれない。

R0016619_editeds-.jpg

ああ美しい。

日本人はたぶん、
フランスかどこかの外国人がカブの業務的美しさを紹介するまで、
その価値の高さに気付かないのだろう。

日本の多くの貴重な絵画が海外で評価されてから、
はじめて価値の高さを認識するように。

Comments

name
comment
SSAATTOO : URL

#- 2013.01.19 Sat 07:36

SASUGA!

YYAAMMAAMMOOTTOO : URL

#- 2013.01.19 Sat 08:57

NARUHODO!

YYOONNAA : URL

#- 2013.01.19 Sat 20:19

KIKAIDA-SAN!

MONKUARIMASUKA?

KONOMAEUTTA
MAFURA-DAIGA,
KANARIRISIGATUITEIMASU.


IMANOTOKORO
35000ENDESU.
HYAMENIOSIHARAIKUDASAI.

YYOONNAA : URL

#- 2013.01.19 Sat 20:23

MIYAMOTOSAN!

NANIKAIITASOUDESUNE?

SEKKAKUSAIKURUKONNPYU-TA-WO
TADADEOYUZURISIYOUTOOMOTTEITANONI
MOUSUTETESIMAOU.

SU- : URL

#- 2013.01.20 Sun 18:26

『IKERU』

KONO NIKOMI RA-MEN

KONO AIDA TABEMASITA

OISII DESU YO!


YYOONNAA : URL

#- 2013.01.20 Sun 21:23

SU-SAN!

SASUGA DESUNE.
KOTTERI NOUKOUSU-PU DE,
MEN MO KOSI GA ARIMASUNE.
YASAI TAPPURI IRETE TABEMASITA  

ATATAKAKU  NATTARA ITUMONO RINNDOU DE
TABEMASYOUYO.

RO-MAJI WA MOUIYADA!

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。