ベランダでビール

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 過去の記事 > トレイル

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.10 Wed トレイル

R0016920s-.jpg

MTB、カブ共々山に入っていない。
当然である。
暑かったし、
蜘蛛の巣とか虫とか多いし。

そして気がつけば10月だ。
山の季節である。

・・・・・・・・・・
今、京都の山々をくまなく歩いて、
MTBで入山できそうなコースを探している。

京都は三方を山に囲まれていて、
街と山との距離が近く、
散歩の延長で山に入ることができる。

・・・・・・・・・・
山をテキトーに歩いて、
テキトーな場所で下山すると、
自分が思っていた場所とは全く予想外の場所に出てきたりする。

バイクで高速道路を走る道中、
高速バスの停留所に入っていき、
バスの邪魔にならない場所にバイクを停めて、
扉を開けて見知らぬ街を散歩するのが好きだ。
と、何かの本で読んだ記憶があるけど、
まさにそんな感じかもしれない。

・・・・・・・・・・
登山道へは自分の家のすぐ近くから入れるので、
ちょっと遊ぶには最適。

そして、メインの登山道から外れた場所に自分だけのトレイルが何本かある。
そういう道のほとんどは、急な坂道で、道も細い。

僕の場合、スピードを出しやすい緩やかな下りのトレイルよりも、
足をつかないギリギリのところでゆっくりと下る事ができるトレイルのほうが好みだ。

カブと違いMTBの場合、上りは大変。
それに反比例するように下りは最高。

苦労した分だけ報われるという意味では人生と同じなのかね。

・・・・・・・・・・
ただ単に土や石ころと戯れる。
それだけのこと。
でも、それが全て。
五感をフルに使ったこんな楽しい遊びをやらへんわけにはいきまへん。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。