ベランダでビール

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 過去の記事 > 近隣探索ツーリング

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.19 Sun 近隣探索ツーリング

「カブで遠くまで走る」という行為はそれだけで楽しいです。
達成感もありますし、普段よりも感受性も豊かになってるような気がします。

遠くまで走るという事は知らない土地に踏み込んだり、
久々に懐かしい風景と再会したりする事でもあるんですよね。

せっかくの三連休なので、遠くの知らない風景を堪能したいと思ってたんですが、
残念ながら行く事ができず、どうしようかと考えた結果、
「近場でも知らない場所はたくさんある」という事で、近隣の街を散策してみる事にしました。

そして僕にとって初めての夜ツーです。

出発は19時30分。
まだ完全な暗さではないですが、少し涼しくなってきました。
走りながら撮影する気満々だったので、
左手にカメラを持って走る事にしました。
危ないので真似しないでください。

ブレブレや
予想以上にブレブレの写真になってしまいます。
ISOの感度をあげたらもう少しマシだったのかも、と家に帰ってから後悔しました。

で、写真は撮りまくってたんですが、走行中写真は全てこんな感じだったので省くことにします。
でも中には「ゲージュツ」的な写真もありましたが・・・。

171号線から170号線に入り、1号線を走る、という予定で行きました。
この時間はやはり空いてくる時間帯ですね。
急ぐ理由もないのでゆっくり景色を楽しみながら走りましたが。
枚方大橋から望む景色は綺麗で感動しました。
近場にも感動できる場所はたくさんあるもんです。

1号線に入る
ブラブラ走って一時間程で枚方付近の1号線へ。
ここで初めてバイクを停めて今まで走りながら撮った写真を確認。
あまりの手ぶれっぷりに愕然としましたが、
気を取り直して、これからは三脚で撮影する事にしました。
一分間のスローシャッターでやっとこの明るさです。

枚方に入る
途中で枚方の内部に潜入。
駅も大きいし、病院も大きい、マンションも高層マンションが多い地域ですね。
京都に住み慣れてくると、こういった高い建物が新鮮に感じてきます。

河川敷
枚方内部を突き抜けると、淀川の河川敷にぶち当たったので、
ちょっと寄ってみました。
河原では花火をしてる人達が多数いました。
僕も武庫川でよく花火したのを思い出しました。

茨木側
ついでに茨木側にも行って撮影。

東寺を目指す
似たような写真ばかり(汗)無事に撮り終えた僕は、
また1号線に戻り、東寺目指して走ります。

途中、木津川の流れ橋がこの付近にある事を思い出し、行ってみる事に。
なんとか現地付近にたどり着き、看板も確認できたんですが、
肝心の橋がいったいどこにあるのかが、真っ暗すぎてわかりませんでした。
次は明るい時に来てみよう。

その後、自販機で缶コーヒータイム等を楽しんだ僕は、
いい感じで流れている1号線を上機嫌で走りぬけました。

真夜中の東寺
そして僕の好きな東寺で写真を撮って帰りました。
23時をまわっていたのでさすがに人通りはなく、
心置きなく暗闇に溶け込みすぎている東寺を堪能できました。
ライトアップしてほしいな。

23時30分帰宅。
70㌔程の距離を4時間かけてじっくり走りこむ事ができました。
近いのに全く知らない土地がそこには広がっていました。
ほとんどの写真はブレブレでしたが、自分の頭の中では鮮明な景色で記憶されているので、
それはそれでいいんでしょうね。
たまにはこういう地元近隣探索ツーリングもいいもんです。
ぽっかり空いた時間を利用してみなさんも地元探索してみてください。
楽しいです。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。