ベランダでビール

Home > 過去の記事

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.30 Wed

愛用していたデジタルカメラが壊れてしまった。

今まで何回落下させても壊れることはなかったのに、
別れのときは突然やってきた。

思えばいつもフラれっぱなしの人生だが、
立ち直りも早いほうで、
愛機との別れも例外ではない。

さあ、次はどんなデジタルカメラを買おうかな。
デジタルカメラ業界は銀塩業界と違い、
進化の具合が驚くほど早いようだ。

一眼レフもミラーレス化されたりして小型化のものが売れ筋なようで、
本体の質感自体も以前のプラスチック丸出しのデザインから、
少し鉄っぽい自分好みなモノも多い感じ。

撮影モードも色々あり、
今流行のミニチュアモードからトイカメラ風まで面白そうだ。

とは言っても一番重視したいのは、
土門拳ばりのパンフォーカス撮影に耐えうるレンズが備えられていること。
ではなく、
それなりに写ってくれればそれで申し分はないです。

幸いにも引き出しの奥で眠っていたニコンのデジタルカメラをたたき起こすことで、
全ては解決した。
しばらくはこいつで撮りまくります。

・・・・・・・・・・
せっかくなんでバラしてみて奇跡的に直せないか調べてみた。


DSCN5636s-.jpg


・・・トドメをさしてしまったのは言うまでもない。

さよならGR。
スポンサーサイト

2012.11.09 Fri レプリカ

来年こそは・・・と毎年思いながらも行くことができていないカフェカブ青山。
いよいよ今週末なんですね。
今年も例年通り「来年こそは・・・」と思っています。

そんな感じの今日この頃・・・、

R0017024s-.jpg
滋賀県米原市の名店「山田ホンダ」さんのレプリカステッカーを作製。

本物はこれ↓
R0016934_editeds-_20121109190128.jpg
次ここを通る時はオイル交換でもしてもらって、
本物のステッカーをゲットすることが目標。

R0017022s-.jpg
あと、かなり前に作っていた林道カブステッカー。

R0017025s-.jpg
浜松の名銭湯であるバーデンバーデンの専用バス「ペンギンバス」ステッカー。

今後、出会ったカブ乗りにはもれなく受け取っていただきます。

※あくまで個人で楽しんでおりますので、
 微笑ましく見守ってください。

2012.11.07 Wed 鹿児島へ

R0017047s-.jpg

私用で鹿児島へ。
桜島の迫力はものすごい。


R0017042_editeds-.jpg

よく歩いた四日間だった。


R0017161s-.jpg

指宿まで足を延ばした。
駅前の目抜き通りはシャッターが下りている店舗が目立ったが、
寂れたかんじがしないのは、
南国特有の空気の「質」がそうさせているように思う。

古びた酒屋で500mlのビールを買おうとしたら、
ほとんど売れないらしく、350mlしか置いていない。
しかも賞味期限が切れているのがほとんどのようで、
やっていくのが大変なようだった。

R0017157s-.jpg

ここまで来たんやから・・・と、
最南端の駅に降り立った。

奥にそびえ立つ開聞岳は別名「薩摩富士」と呼ばれていて、
その名に相応しい美しい山である。


R0017170s-.jpg

色々なことを考えるいい時間になった。
カブでも自転車でも楽しめるだろう。

いつか再訪したい。

2012.11.02 Fri

R0017012s-.jpg

地図だけの情報で行き先を考えるのも楽しい。

2012.10.31 Wed 意気消沈

自転車を乗るには最適な気温やけど、
カブやと朝晩は冷えますね。

で、カブ冬仕様について考えています。
とはいえ、もうほとんどイメージはできていますが。
想像上ではなかなか味わい深いスタイルになりそう。

ちょっと気は早すぎるけど、
来年一月の舞洲の部品交換会で冬カブデビューできればいいな、と。
よって、参加しますよ、真冬の舞洲。

・・・・・・・・・
そんなことを言ってもやはり盗難の恐怖がアタマから離れない今日この頃。
カブに投資しても盗られたら意味ないやん・・・
意気消沈気味なのは否定できません。

こうなったら徹底的にセキュリティ強化をしてやろうか・・・と色々調べてます。
が、値段がすげーことになってます。
こんなに金かかるんやったらマンションのベランダに置いておくほうが安上がりですわ。
でもそれじゃあ乗るのが億劫になり本末転倒です。

ああ・・・なんかいい方法はないものか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。